デザインチェーンEH235DCにCカンをつけてみます。
まず、チェーンの端がでるように綺麗にカットします。

細かいですが小判のチェーンと同じようにかみ合っているだけなので、綺麗にカットすれば端がでます。

右の画像はEH235DCの超拡大図です。
端を出すと左の画像のようになります。
端の穴を広げます。

目打ちや針など先のとがった物を穴に差し込み、穴を広げます。
広げたところです。

もとの穴(2の画像参照)より少し大きくなっています。
広げた穴にCカンを通してできあがりです。

パーツをCカンでつなげられるようになります。